何故、メール占いは高くなってしまう傾向なのか?

ロバミミのメール占いを紹介したとき、デメリットとして「割高」ということを挙げました。 ロバミミのサイトの料金を確認してみると「6,000円~」となっており、人気の占い師にもなってくると、これ以上の金額が提示されています。

何故、メール占いは高いのか?と気になりませんか? ということで、今回は、このメール占いについて、掘り下げてお話をしていきたいと思います。

メール占いは、占い師にとって、非常に負担が大きなサービスとなります。 理由は単純で、メールを書く作業が非常に手間隙かかってしまうということ。 通常、電話占いであれば、声のトーンなどから、その言葉のニュアンスというものを聴き取れます。

つまり、リアルタイムで事が進んでいるため、話の流れだったり、内容によって、占い師の言わんとしていることが理解できるのです。 しかし、メールの場合、このような「ニュアンス」「雰囲気」が全くないため、言葉1つ1つに非常に気を遣うのです。

例えば「嫌い」という言葉。 時として、ポジティブな意味合いを持つことがありますが、この意味合いを持つとき、メールではなかなか表現をしにくいわけです。
正確に情報を伝えるための作業が負担増を招き、その対価として値段が高くなってしまっているわけです。

ただロバミミからはメニュー式メール占いと呼ばれるサービスが提供されています。 こちらは、2,000円からとリーズナブルにサービス利用ができるため、高いと思うのであれば、こちらと比較をしてみるとよいかもしれませんね。